工場や倉庫内でのライン監視・異物混入

異物混入が社会問題となった食品工場では、消費者の目は製造工程に向いています。
品質管理と衛生管理の実施について、取引業者が衛生消毒や衛生服の着用、エアシャワーなどを経てからの工場視察ではなく、高性能カメラでモニタリングする映像を見ていただく事で、品質及び衛生管理の強化をより一層アピールすることができます。
学校の社会科見学にも利用できます。
イメージ イメージ

カメラシステムの概要

H-Net

物件の映像を離れた場所で録画・表示させるシステムです。
従来の監視カメラシステム以上に活躍の場が広がります。

本店にて各支店の映像を一括して録画・表示する事で、お客様の状況や社員の不正防止や勤怠状況の確認、店舗陳列状況などを居ながらにして確認する事が可能です。

また、携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンなどの携帯端末でも表示が可能な為、各店舗の映像を気軽にモニタリングする事も可能です。


ネットワーク
H-LC

駐車場や共用部・エレベーターに監視カメラを設置し、現地に設置するレコーダーで録画。
事件や事故などが発生した場合に映像を再生し状況の確認を行います。

規模や仕様に応じてカメラの台数や録画する機器は変化しますが、マンションやテナントビルにお薦めな一般的なシステムです。

カメラには、監視という目的と威嚇という目的があります。


ネットワーク
メールでのお問い合せ・資料請求はこちら
ページトップ